2014/10/06 21:34:06 |
飲み会などで飲み過ぎてしまうと、次の日の二日酔いの辛さを想像するだけでなんだか憂鬱になってくるものですね。お酒の席でついつい飲み過ぎてしまう人、上司や取引先に飲まされてしまう人など、明日が辛そうだと感じた時にあらかじめ二日酔い予防をしておけたらとてもいいと思いませんか?そんなよくある願いを形にした商品が「酔い覚ましま専科」です。これは二日酔い対策のサプリメントで、他の二日酔い対策商品と違いユニークなのは、アルコール分解によって大量に消費され失われるアミノ酸を含んでいるという点です。正確にはアルコールを分解後に発生するアセトアルデヒドという毒素を解毒するために使われるアミノ酸を含んでいるのです。...
2014/10/06 21:30:06 |
人によって、何が原因で眼精疲労になっているのかが違っていたりしています。本来であれば、睡眠で目を休ませるようにすれば、目の疲労を取り除くことができます。しっかりと寝ているのに、目の疲れが取れにくいのであれば、眼精疲労になっていると判断していいでしょう。この眼精疲労になると、どんな症状が現れるのかについてお話をしていきたいと思います。目が痛くなる眼精疲労の症状の中でも多いのが目に痛みを感じるというものです。初期段階は目の奥がだるさを感じるのですが、徐々に目の奥に痛みを感じるようになります。症状が深刻になると、目の痛みだけではなく頭痛の原因になってしまうこともあります。目が乾燥してしまうパソコンや...
2014/06/19 22:11:19 |
今回は二日酔いに効果的な成分についてご紹介をしていきたいと思います。二日酔いに対して効果がある成分として最も効果的なのか果糖となっています。果糖というのは肝臓がアルコールを早く分解させるように促進させる作用があります。果糖は、オレンジやリンゴ、ミカンなどといった果物に豊富に含まれています。果糖以外にも、セサミンやシステインという成分も二日酔いの症状を和らげる作用があります。システインもセサミンも、肝臓の機能を高められる作用となっており、効率よくアルコールを体外に排出させられるようになります。セサミンというのは、胡麻に豊富に含まれており、システインは卵に豊富に含まれています。ですから、これらの食...
2014/01/22 10:45:22 |
検査で高脂血症と診断されたら、医師はまず運動療法を勧めるでしょう。1日に30分ほどの運動を週に三回から五回行うと効果的です。定期的に運動をしている人が高脂血症になるのは稀なことですから、おそらく高脂血症と診断される人のほとんどは運動不足になっているはずです。運動が必要とはいえ、急激な運動や、一ヶ月に1日だけ激しい運動をして、他の日はまったく運動しないという方法では、高脂血症を改善することは難しいでしょう。血液中の脂肪、あるいは蓄積された脂肪を減少させるには、呼吸を行いながらする運動、有酸素運動を行います。たとえば、ジョギング、ウォーキング、サイクリング、水泳などです。泳ぐことが苦手という人は、...
2014/01/10 21:19:10 |
生活習慣病は成人病と以前は呼ばれていました。しかし、成人病は加齢が原因であると思われていたものが、実は、生活習慣によっては発症は成人に限定されないことがわかってきました。そして原因が加齢のせいばかりではないため、成人でも生活習慣を改めることで改善や予防が可能であることにも着目し、生活習慣病という名称に改めることになったのです。日本人の死亡原因のトップ3である脳卒中、心臓病、がんは、三大生活習慣病と呼ばれています。そして、脳血管疾患や新疾患のリスクを高める動脈硬化、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肝臓病なども生活習慣病です。他にも、歯周病、高尿酸血症、循環器病、大腸がん、喫煙による肺がん、肺気腫、...
2014/01/09 19:34:09 |
「白井田七(しらいでんしち)」というネーミングは「田七人参(でんしちにんじん)」が由来になっています。田七人参は、別名「三七人参(さんしちにんじん)」とも呼ばれ、植えてから収穫されるまでに3年〜7年もかかることから、この名が付けられたといわれます。田七人参の働きは、免疫力の増加に加えて疲労回復・精力増強などさまざまな効果があります。なかでも血液の酸素の代謝を促進する、血液の滞りを治す力が注目されています。これは田七人参に豊富に含まれるサポニンの作用で、高血圧や糖尿病、尿酸値の改善などに有効だと医学的に証明されています。高麗人参の7倍以上のサポニンが血液に直接効く!田七人参に含まれるサポニンは、...