生活習慣病・成人病に含まれる肝臓病

生活習慣病は成人病と以前は呼ばれていました。しかし、成人病は加齢が原因であると思われていたものが、実は、生活習慣によっては発症は成人に限定されないことがわかってきました。

 

そして原因が加齢のせいばかりではないため、成人でも生活習慣を改めることで改善や予防が可能であることにも着目し、生活習慣病という名称に改めることになったのです。日本人の死亡原因のトップ3である脳卒中、心臓病、がんは、三大生活習慣病と呼ばれています。

 

そして、脳血管疾患や新疾患のリスクを高める動脈硬化、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肝臓病なども生活習慣病です。

 

他にも、歯周病、高尿酸血症、循環器病、大腸がん、喫煙による肺がん、肺気腫、慢性気管支炎、アルコール性肝疾患などが生活習慣病の範疇となります。

 

加齢が原因なので仕方がないと半ば諦めていたかつての成人病は、悪い生活習慣を改めることで予防や改善が可能な病気だったのです。

 

生活習慣病

命に関わる病気を未然に防ぐためには、暴飲暴食、過度の飲酒、不規則な生活、運動不足、睡眠不足、喫煙、ストレスといった悪い生活習慣を改善することが大切です。特に肝臓病は患うと治ることが難しいため、早めの対策が必要です。

 

肝機能の低下や普段から二日酔いになりやすい人はこちらのウコンサプリ比較ランキングを参考に対策を行いましょう。

 

早期発見も大切ですから定期的に健康診断を受けることはもちろん必要です。しかし、それ以前に、生活を改めることで、命に関わる病気のリスクを低くすることができるというのは朗報です。

 

生活の改善は、努力して継続する必要はありますが、誰でも可能なことですし、悪い生活習慣を改めることによるデメリットはありません。